バカボット

https://twitter.com/Bakabot92

「LOLは弱くても勝てます」のid:namausoは、少し冷静になって視野を広めた方がいい

yowakutemokatemasu.hatenablog.com

まともな記事を書く暇がないんですよ。助けて下さい。

 

yowakutemokatemasu.hatenablog.com


どーせLJLの記事を書くならあの選手のこのプレイは素晴らしいとか、こういう理由でこんな動きだったんだと思いますよとか、あのチームの作戦はこうこうこうだったけど、こういう理由であの瞬間に一気にこう変更したとか。
そういう記事が書きたいんだよ俺はさぁ!!いい加減不正と説明不足やめてくれ。


白々しい。
SANKOとRiotJPとDFGの所為によって、きちんとした記事が投稿出来なくなったかの様な書きぶりだ。
あなた(id:Namasuo)は平生から、選手の技能について、特に言及していなかっただろう。

e-sports squareの労働基準法の遵守、情報漏洩。
店員が未成年と交際、替え玉、選手の差別発言。
あなたが人間を語っている時、ゴシップばかり目に付くのだが?
意気揚々とスキャンダルを取り扱っておいて、「不祥事が起きているせいで選手を語れない」は、ないだろう。

LOLは弱くても勝てます【ブログ】」のWCSの記事でも、YouTubeの動画を貼り付けているのみで、選手への論評はなし。
7TH HEAVENのEviの名前が挙がることもあるが、基本的にLoLという競技に関する記事が大半との印象。

選手を語れないのは、本当に、不正と説明不足が原因か?


それと、あなたの株式会社SANKOへの評価。
いくらなんでも、近頃の炎上事例のせいで、バイアスが掛かり過ぎ。

最近の記事は、LJL CS事件の顛末がよくまとめられていて、参考になる。
しかし、企業を総括して語る為の情報としては、量が足りない。
SANKOは、あなたが考えているよりかは遥かに、この業界に利益をもたらしている訳。
2011年頃のSANKOは三光パートナーズという名で、千葉県の市川市でeスポーツ専用施設を細々と運営し、場をユーザーに提供していた。

eスポーツタイトルであるWoTの運営会社と提携して、普及に努めていたのもSANKOだったし、昨今プロゲーマーのメディア露出が増えているのも、SANKOの広告代理店としての働きがあることは、無視出来ないはず。
功績に触れず、火種が燃えた途端に企業全体をバッサリと斬ってしまっては、H1RoNの差別発言一つ取りあげて、「これだから日本にeスポーツは根付かない」と総括し始める阿呆と同じになってしまうだろうに。

LJLの運営体制を改めるべき、という点はこちらも同意する。
ただ、あなたを含め多くの人間が、炎上によって視野が狭くなっている様に見える。

 


以下余談。

yowakutemokatemasu.hatenablog.com

id:Namasuo
運営がどこかのチームを贔屓したりすることは有り得ないと思いますよ。
トラブルが重なっただけでそんな風に言うのは、失礼だと思います。
神風が強いから優勝した。
ただそれだけですよ。

2014年の時点では、namasuo(id:namasuo)の運営に対する嫌悪は、大してなかったらしい。
千代田区のe-sports squareへ行った時の不満から、SANKOへの不信感を強めていったのではないか。