バカボット

https://twitter.com/Bakabot92

インサイドと平林久和が「Nintendo Switchからeスポーツは始まる」という与太話を掲載

www.inside-games.jp

 

平林:いきなり結論を言ってしまうと、『1-2-Switch』は真のeスポーツの扉を開けたと思うんです。

谷:eスポーツですか? またどうして?

平林:画面を見ないで相手の目を見て戦う。これこそスポーツの自然な姿だと思います。最近何かと騒がれているeスポーツですが、私は昔から懐疑的でした。素直に「ゲーム大会」と呼べばいいものを、あえてスポーツと呼んで誰かを言いくるめている感じがします。

 

やはり、eスポーツの呼称にケチを付けたがる人間は思考力が未熟。
平林が「対面で競う点がスポーツの条件」と定義する分には構わない。
問題は、その定義だと例外が多過ぎる事。

スポーツである相撲は相手の目を見て戦う、「1-2-Switch」も対面して戦うから「Nintendo Switchはeスポーツ」という理屈らしい。
eスポーツが種目入りして話題になったアジア競技大会を見ろ。
一般的なスポーツのイメージで語られる競泳、シンクロナイズドスイミング、アーチェリー、陸上競技、ボウリング、どれも相手の目を見て戦わないが?

平林の定義を採用すると、既にスポーツとして扱われてる競技の多くが非スポーツになる訳。
自分の理屈に無理があると、少しは疑問に思わないものなのか。

平林:そんな既存のeスポーツには否定的な見解を持っていますが、人間が人間と目を合わせて戦うとなると見方は変わります。これならば、本当にスポーツのようなことができると思うんですね。

ビデオゲームはモニターを見て戦うから、eスポーツと呼ぶに相応しくない」ではただのイチャモン。

 

平林:そもそもゲームは野球、サッカー、将棋、囲碁とは違ってルールが普遍的ではない。というか、流行りすたりが激しい。このようなルールの根底が移ろいやすいものをスポーツ、そのプレイヤーをプロフェッショナルと呼んでいいのか? 疑問に思っていました。


安田:好きなゲームをやってお金を稼げるプロゲーマーに憧れる人もいるでしょう。そういう夢を与えているとも言えますが、やはり現実は厳しいんですよね。

 

eスポーツにケチを付けたがる人間の決まり文句。

「ルールがコロコロ変わるから競技じゃない」
アップデートに対応する選手の大変さや、観戦のコストが上がるデメリットを心配するならいい。
プロ競技として成立するかどうかを心配する(懐疑する)のは、ただのアホ。

平林だけでなく、多くの人間は勘違いをしている。

「スポーツのルールは普遍的(変わらない)」
そう思い込んでるだけで、全く正しくない。

最近のニュースだと、2017年の3月にMLBのルールが変わった。
野球は4球ボールを投げて敬遠だが、監督が敬遠の意思を伝えれば「ボールを投げなくても」敬遠扱いになった。
フィクションでよくある、「敬遠中のピッチャーを挑発する」とか「敬遠で大きく外したボールを打席に足を残して打つ」とかいう描写も出来なくなるだろう。メジャーリーグ限定だが。

 

バスケットボールはルールが頻繁に変更される。
30秒ルールが24秒ルールに、そこから更に14秒ルールとなり、オフェンス側は忙しくなっている。
よく語られるのは「あるプロプレイヤーが上手過ぎるからルールが変わった」という類の話。
例えばペイントエリアの広さや、何秒間そのエリアに居ていいのか等。
「観客の為に試合のテンポを速めよう」という趣旨でルールが変わるのも珍しくない。

ロクにスポーツ観戦してない輩に限って、「eスポーツと違いスポーツのルールは変わらない」などと言う。

普段からプロリーグを視聴している人間なら、統括団体によってルールに変更が入る事を知っているはず。

 

頭脳スポーツの将棋も、多くの人間が「ルールが普遍的」だと思い込んでいる。
将棋の伝来には諸説あるが、平安時代にはアナログゲームとして親しまれていたと考えられる。
その頃のルールは持ち駒が無かったし(これも諸説あるが)、時代が進みゲーマーの攻略も進むとマンネリ化するので、駒の種類が増えたり駒の動き方が変わったりした。
大将棋やら中将棋やら小将棋やら、幾度もバージョンアップを重ねて現在の将棋に至る訳。

人の手で作り変えてきたゲームなのだから、今の将棋だってルールを変える事自体は可能だ。
なのに、「将棋は歴史が長くてルールも普遍的」などと書くのは無学な奴だけ。

 

というか、安田善巳は人の話を聞いてるのか?
スポーツが持つ普遍性を語っている時に、何で「プロゲーマーに憧れる人もいるが現実は厳しい」という方向に行くのか。
元々の平林の話がおかしいから、話題を切り替えようとしたのかもしれない。

  

平林:私はeスポーツの賞金って、本当に賞金なんだろうか。その賞金はプロゴルフの賞金と同じなんだろうか、とも考えてるんです。ある種目を多数のファンとスポンサーが支え、なかば永続的に支払われていくのがゴルフのようなプロスポーツの賞金と定義します。だとすると、ゲームの場合は特定のタイトルの一時的な宣伝費の感じがしません?

 

全くしない。
平林は、LoLやDota2の賞金がどの様に賄われているかを調べるべき。

eスポーツへの持論が破綻していて、Nintendo Switch提灯記事にしか映らない。
インサイドは記事のタイトルに「PR」を付けておくように。

「eスポーツで商売する奴らはゲーマーを食い物にしている」という妄想の気持ち悪さ

 

b.hatena.ne.jp

id:m_shinzaki ゲームやゲームにはまる人を見下してる人たちが、商売の為にeスポーツという言葉を使っているとこうなる、という印象

スターを付けた連中の一覧。

id:Horiuchi_H id:hamhei id:tomoya_edw id:kotobukitaisha id:yife id:drunkghost id:kirte id:p_inter id:dofore id:take-it id:hosiken id:berusaga11 id:enkunkun id:Cujo id:yogasa id:shiju_kago id:danseikinametaro id:tanaka6119 id:HMT_EG id:danseikinametaro id:anklelab id:khtokage id:nemuiumen id:asahiko  id:innoshimniac id:wa_oga id:ohsawayakan id:ktra


このコメントがブックマーク一覧のトップに出ていて「うわぁ」と思った。

不倒城の主が外しまくった見解を述べている事への「うわぁ」と、ゲーマーの被害者意識に同調する奴の多さへの「うわぁ」だ。

対戦ゲームに没頭する人間を見下しているなら、どぐら(GUILTY GEARの選手)をアメリカの大会へ派遣する為に、渡航費用や宿泊費を負担しないと思うが?
西村康稔議員(JeSPA会長)は「積極的に海外へ選手を派遣したい」と言い、JeSPAは会費制の仕組みを作り、実際に選手の交通費を賄った。
軽蔑の対象をサポートするか? 大した見返りがある訳でもなし。

そもそもJeSPAは、eスポーツに群がる新興勢力などではない。
2007年から「ゲーマーへの負のイメージを払拭したい」とeスポーツ協会設立準備委員会を立ち上げ、韓国の大会(例えばIEF2009)を告知したり電通と組んだり、地道にやってきた訳。
「近頃eスポーツってのが流行ってるからプレイヤー集めて興行するか」というノリでは断じてない。
運営は外注せず自前のスタッフでやっているとのことだから、純粋にノウハウが無いんだろう。

仮にJeSPAの人間がコンピュータゲームを見下しているとして。
eスポーツのeの字も出ない時期から、10年近く普及活動しようとする原動力が謎だ。
しんざき(id:m_shinzaki)は「商売になるから」と見立てているらしいが、JeSPAを糾弾する記事を挙げた本人(なぞべーむ)によれば

なぞべーむ:格ゲーマーの方々も話題にしますけど、「eスポーツで儲けるぞ勢が居る」っていう都市伝説あるじゃないですか
サタ:これウチの業界多いですよ
なぞべーむ:この都市伝説信じてる人、頭がおかしい
サタ:分かりますよ、参加費から考えてみろっていう話ですからね、スポンサーとかね
なぞべーむ:そんなに稼げるならあんなショボい配信しないでしょ、あんなショボいサイト作らないでしょ

www.twitch.tv


だそうだ。
どうしたら、eスポーツという言葉を使って商売に出来るのか教えて欲しい。

都市伝説を吹聴している間抜けの代表がこれ。
eスポーツを手掛ける団体に敵愾心を抱く連中が居て、見るに堪えない。


いい加減、何でもかんでも「ゲーマーかわいそう」論に持って行って嘆くの辞めたら?

 





ついでに、こちらをJeSPAの関係者呼ばわりしている阿呆共。
炎上にかこつけて見当外れな事を書いているお前を叩いているのであって、団体を擁護している訳ではない。
JeSPAの運営に改善点が山積みなのは明らかで、配信ではOverwatchの試合開始直後に音声が無かったり、「ただいま試合の準備中です」という画面を眺める時間が多過ぎたり、様々だ。
自分への批判を「社員の火消し」として受け流す癖も辞めたら?

eスポーツに文句を言い、任天堂の製品に逃げる「オタク回路」

fancifulbox.blog24.fc2.com

>個人的には昔からeSportsに対して、ゲームはスポーツだ!
>なんていう連中を胡散臭いとしか思ってなかったので、あんまり係わり合いにはなりたくないところです。

時代も知恵も遅れている感想だ。
北米や韓国のeスポーツ市場が甚大になっているから、日本も無視出来ない状況なのを知らないのか?
サイバーエージェントを筆頭に、スマホアプリのメーカーでさえ参入し始めている。

そういう時代を見越して、JeSPAは海外の大会に選手を派遣して来た実績がある。
何の下調べもせず「爆死」など書くお前こそクズだ。


>e-sports自体が人気ゲームにタダ乗りしてるだけだろ感がありますからね......。

阿呆?
競技性が高く、人口の多いタイトルがe-sportsなのだから、当たり前だ。
海外の肉体スポーツを輸入するなら、競技人口の多いテニス、ゴルフ、バスケ辺りをプッシュするのは自然な流れ。

>胡散臭くてもとてもとてもw

ここのブログは筆者が無知だから、得意ジャンル以外は全て胡散臭く見えてしまう。

 

fancifulbox.blog24.fc2.com

 

未熟児向けの任天堂製品にはしゃぐ図。

格ゲーやeスポーツを敵視する人間の傾向でもある。
この手の人間は「誰もが勝者になれるゲーム」が好きだから、競争を基本とするPCゲームを受け入れられない。

AbemaTVの問題を日本のeスポーツ全体の話にしている阿呆

b.hatena.ne.jp

 

id:giant-killing 日本のe-sports()には、ウメハラが言う所のコミュ愛が全然感じられない。愛しているのはプレイヤーばかりというのが透けて見えるから冷めるんだと思う。運営側全然興味無いのが丸わかり。

 

愛情を感じ取る能力が無いのが悪い。「e-sports()」と括弧を付けるのも格好悪い。Red Bull 5Gはおろか、CyberZ(サイバーエージェントの子会社)が主催のRAGEすら観ていないのだろう。運営の熱意が掴み取れる。

 

上記コメントにスターを付けたユーザー。

id:dnasoftwares id:iwashioyaji id:hush_puppy id:hazardprofile id:toraba id:zapperd id:whkr id:electrica666 id:temtex id:sekkun id:PYU224 id:iwashioyaji

 

id:hiby 日本のesports関連が心底ダメなのはこういう扱いを続けてることだと思う。選手とチームにリスペクトが無いんだよね。試合前に選手紹介とかやらんしさあ。

 

日本のゲームユーザーの駄目っぷりが表れている感想。「俺達は冷遇されてる」と主張するばかりで、他人の善意や敬意に鈍感だ。RAGEのシャドウバース大会では選手紹介を欠かしていない。LoLの国内プロリーグもだ。


主語の大きい間抜けの一覧。

id:NetPenguin id:njgj id:tyatya_moon id:tuwabukix id:hinodai id:torinoya id:iww id:Sigma id:k_gobo id:imh id:namae_dosiyo id:jota5084 id:d346prt id:zyusou id:hidamari1993 id:toraba

www.openrec.tv

ゲームもビジネスもまるで分かっていない自由人的仕事論(タッチ)

qol7.com

 

全体の内容は特に面白味も無いので、言及しない。
問題は下記の箇所。

 

例えばゲーム感覚でやるなどです。

ゲームのように適当に仕事をやるという

ことではありませんよ笑


 こういう浮ついた人間がLeague of Legendsに居たら、迷惑極まりない。
アナログゲームにしろPCゲームにしろ、やるからにはきっちりプレイしろ。

退屈な事務職を楽しむ方法は、ゲーミフィケーションだという。
ルールを自分で設けて仕事に取り組むのは、ゲーム感覚であり、スポーツ感覚だ。
両者は「遊戯」というジャンルで、それらには真剣さが常に付きまとう。
「仕事=真剣にする」「遊戯=適当にやる」は悪しき労働者階級の考え方。