バカボット

https://twitter.com/Bakabot92

プロゲーマー専門学生のTeTsuが思い違いしている事

deargamer.net

 

入学して、毎日e-sportsの最前線にいる講師の方々の生きたお話も聞いていないような奴らに何が分かっているんでしょうかねぇ?


「プロになれるのは一握り」「好きなゲームタイトルを選べない」「eスポーツ流行らないと思った」
入学前から分かる事だろ、と言われても仕方ないと思うが。
しかもeスポーツの成長性に気付いてもいない。
その講師の話も聞いてみたいものだ。BonziNはいるのか? DetonatioNが主導しているのか? など。

この学校に来てくださってる講師の方々は各分野で活躍しているプロフェッショナルだからな?勘違いすんなよ?

 

だからそれについて少しは記述したらどうなのか。
書かれていない事なら勘違いしようもない。
消される消されるって、東京アニメ・声優専門学校を運営する滋慶学園グループにか?
プロゲーマー専門学校に興味を持ってこの記事を読んでも、内部の事が書かれてなくてガッカリするだろうに。

 

アンチさん!いろいろ勉強になりました!ありがとうございます!
初めてのバズで正直心が折れそうでした(主にクソアンチコメ。


この記事で初めてTeTsuを知った人間が大半だろうに、アンチが存在するのか?
批判されているのは「プロゲーマー専門学校関係なかった」「eスポーツの普及が他人任せ」といった理由からだ。

プロゲーマー専門学生がプロゲーマーを諦めた理由に呆れる

deargamer.net

 

あきらめた理由を見て呆れてしまった。
自分が一握りの集団になれない事を自覚するのは偉いが、どの競技でもプロスポーツ選手の席が少ないのは言うまでもないだろうに。
二つ目の理由は、半分正しくて半分間違い。

 

プロを諦めるに至った理由の1つでもあるのですが、ゲームってサッカーや野球のように長く続いていくものではないんです。

 

バージョンアップによる仕様変更は確かにある。
しかしゲーム(eスポーツ)は必要となるスキルが不変だから、プロを目指す上で問題無い。
League of Legendsは2009年から稼働している競技だが、今もなお現役で多くのプロゲーマーがそれで食っている。
格闘ゲームもスト4からスト5へとシリーズが更新されるが、根本となるシステムは変わらないから、大会上位者の顔ぶれも変わらない。
よく聞く「普通のスポーツはルールが変わらないけど、eスポーツは普遍性がない」は誤り。

 

正しい判断なのは「好きでもない人気ゲームでプロを目指すなんて僕にはできないと思いました」という所。稼げるゲームソフトを選べない人間には肌が合わない。
プロゲーマーになりたかったら、特定の企業が開発するタイトルを選ばなくてはならない。


最も呆れたのが、三つ目の理由。

 

e-sportsですが、日本ではあまり盛り上がっていませんでした。
日本ではゲームに対してマイナスなイメージ(オタク、引きこもり、犯罪)が強すぎて国民に受け入れられないのです。

 

あなた、本当に東京アニメ・声優専門学校に通ってたのか?
PCゲームに精通する人達に囲まれながら、いまだにこんな暗いイメージを世間に持っているのか。
eスポーツの観客数、スポンサーに名乗り出る企業数、取り上げるメディア数、どれを鑑みても「国内でe-sportsが根付き始めている」と考えるのが自然だ。
そもそも、その”日本”がマイナスなイメージを持っていたら、何でeスポーツが流行らなくなる訳? 被害者意識が強くて"日本"を冷静に見れていないのでは。

 

一部の愛ある大人たちがe-sportsの発展に力を注いでいるのに対し、汚い大人が金目当てでe-sports産業に乗り込んでくる。そんなことばかりだったんです。

 

企業が金目当てでもなく参入して来たら怖いから。逆に。
授業内容も講師陣もボカしているし、汚い大人の例も書かない。


記事のタイトルに「プロゲーマー専門学生」と入れるなら、esports プロフェッショナルゲーマーワールドの学生らしい内容を書いて貰いたい。
そして社会人プロゲーマーを目指すなら、「流行らなそうだからやめた」ではなく、「自分から流行らして市場を作ろう」という視点を持って貰いたい。

 

プロゲーマーを目指すのなら、元・プロゲーマーのClockdayが書いたこの記事を読んだ方がいい。

プロゲーマーになろう - スポンサー広告未分類
"プロゲーマーになるメリットはずばり金です。
プロゲーマー馬鹿にしてるやつらはあほです。一般サラリーマンより遥かに多い金もらってます。"

 

b.hatena.ne.jp

 

id:khtokage
eスポーツとかどうでもいいおっさん達が広告料や補助金等を目当てに大会やってる様子がこちら→ 2016/03: https://note.mu/nasobem/n/nebe5e3866748 2017/02: https://note.mu/nasobem/n/nc4c226f65350

なぞべーむの記事を鵜呑みにしたアホが沸いている。
唐突に日本eスポーツ協会を揶揄する所もおかしいが、あるのか疑わしい広告料や補助金を想定しているのが更におかしい。(スポンサー付きである以上、広告料はあるだろうが)

アジア競技大会にeスポーツが採用されるなど、昨今の動向から考えれば、日本eスポーツ協会はJOCに加盟する為に大会を開いている、と考えられないのか?
全国に支部を持っている事、国内で唯一の統括団体である事に加え、大会を開催した実績が求められる。JOCに加盟するには。
つまりeスポーツの事を真摯に考えてるおっさん達な訳。

このコメントにスターを付けた阿呆の一覧

id:yoko-hirom
id:tomoya_edw
id:yamadar

 

id:uturi
今の日本だと賞金もショボいしゲームに対するイメージが悪いままだしで、プロゲーマーとして食っていくのは相当厳しいと思う。

 

id:bohemian916
色々理由が書いてあるが、「市場規模が小さく、成長が見込めない」点に尽きる。 


全然尽きないから。
外市場まで含めて言っているのなら、先見の明が無いにも程がある。
LEK Consultingの調査結果により、eスポーツはNFLNBAの市場を脅かすのではないか? と一時期話題になった。
アメリカの若年層は、一般的なフィジカルスポーツと同じ程度には、eスポーツへの関心を持っているという結果。

eスポーツの調査ではNewzooが有名で、2016年の市場規模は4億9300万ドルと推定された訳だが、2015年の2億5000万ドルという数字から年々増加傾向にある。

日本国内でも同様に伸びていて、顕著なのはLoLのプロシーンだろう。
先日の決勝戦を見ていないのか?
観戦チケットの売り上げといい、会場の規模といい、順調に成長している訳。


同様に先見の明が無い人達
id:aoven
id:nise-marina
id:Dai44
id:mapk0y
id:abyssgate
id:megomego

インサイドと平林久和が「Nintendo Switchからeスポーツは始まる」という与太話を掲載

www.inside-games.jp

 

平林:いきなり結論を言ってしまうと、『1-2-Switch』は真のeスポーツの扉を開けたと思うんです。

谷:eスポーツですか? またどうして?

平林:画面を見ないで相手の目を見て戦う。これこそスポーツの自然な姿だと思います。最近何かと騒がれているeスポーツですが、私は昔から懐疑的でした。素直に「ゲーム大会」と呼べばいいものを、あえてスポーツと呼んで誰かを言いくるめている感じがします。

 

やはり、eスポーツの呼称にケチを付けたがる人間は思考力が未熟。
平林が「対面で競う点がスポーツの条件」と定義する分には構わない。
問題は、その定義だと例外が多過ぎる事。

スポーツである相撲は相手の目を見て戦う、「1-2-Switch」も対面して戦うから「Nintendo Switchはeスポーツ」という理屈らしい。
eスポーツが種目入りして話題になったアジア競技大会を見ろ。
一般的なスポーツのイメージで語られる競泳、シンクロナイズドスイミング、アーチェリー、陸上競技、ボウリング、どれも相手の目を見て戦わないが?

平林の定義を採用すると、既にスポーツとして扱われてる競技の多くが非スポーツになる訳。
自分の理屈に無理があると、少しは疑問に思わないものなのか。

平林:そんな既存のeスポーツには否定的な見解を持っていますが、人間が人間と目を合わせて戦うとなると見方は変わります。これならば、本当にスポーツのようなことができると思うんですね。

ビデオゲームはモニターを見て戦うから、eスポーツと呼ぶに相応しくない」ではただのイチャモン。

 

平林:そもそもゲームは野球、サッカー、将棋、囲碁とは違ってルールが普遍的ではない。というか、流行りすたりが激しい。このようなルールの根底が移ろいやすいものをスポーツ、そのプレイヤーをプロフェッショナルと呼んでいいのか? 疑問に思っていました。


安田:好きなゲームをやってお金を稼げるプロゲーマーに憧れる人もいるでしょう。そういう夢を与えているとも言えますが、やはり現実は厳しいんですよね。

 

eスポーツにケチを付けたがる人間の決まり文句。

「ルールがコロコロ変わるから競技じゃない」
アップデートに対応する選手の大変さや、観戦のコストが上がるデメリットを心配するならいい。
プロ競技として成立するかどうかを心配する(懐疑する)のは、ただのアホ。

平林だけでなく、多くの人間は勘違いをしている。

「スポーツのルールは普遍的(変わらない)」
そう思い込んでるだけで、全く正しくない。

最近のニュースだと、2017年の3月にMLBのルールが変わった。
野球は4球ボールを投げて敬遠だが、監督が敬遠の意思を伝えれば「ボールを投げなくても」敬遠扱いになった。
フィクションでよくある、「敬遠中のピッチャーを挑発する」とか「敬遠で大きく外したボールを打席に足を残して打つ」とかいう描写も出来なくなるだろう。メジャーリーグ限定だが。

 

バスケットボールはルールが頻繁に変更される。
30秒ルールが24秒ルールに、そこから更に14秒ルールとなり、オフェンス側は忙しくなっている。
よく語られるのは「あるプロプレイヤーが上手過ぎるからルールが変わった」という類の話。
例えばペイントエリアの広さや、何秒間そのエリアに居ていいのか等。
「観客の為に試合のテンポを速めよう」という趣旨でルールが変わるのも珍しくない。

ロクにスポーツ観戦してない輩に限って、「eスポーツと違いスポーツのルールは変わらない」などと言う。

普段からプロリーグを視聴している人間なら、統括団体によってルールに変更が入る事を知っているはず。

 

頭脳スポーツの将棋も、多くの人間が「ルールが普遍的」だと思い込んでいる。
将棋の伝来には諸説あるが、平安時代にはアナログゲームとして親しまれていたと考えられる。
その頃のルールは持ち駒が無かったし(これも諸説あるが)、時代が進みゲーマーの攻略も進むとマンネリ化するので、駒の種類が増えたり駒の動き方が変わったりした。
大将棋やら中将棋やら小将棋やら、幾度もバージョンアップを重ねて現在の将棋に至る訳。

人の手で作り変えてきたゲームなのだから、今の将棋だってルールを変える事自体は可能だ。
なのに、「将棋は歴史が長くてルールも普遍的」などと書くのは無学な奴だけ。

 

というか、安田善巳は人の話を聞いてるのか?
スポーツが持つ普遍性を語っている時に、何で「プロゲーマーに憧れる人もいるが現実は厳しい」という方向に行くのか。
元々の平林の話がおかしいから、話題を切り替えようとしたのかもしれない。

  

平林:私はeスポーツの賞金って、本当に賞金なんだろうか。その賞金はプロゴルフの賞金と同じなんだろうか、とも考えてるんです。ある種目を多数のファンとスポンサーが支え、なかば永続的に支払われていくのがゴルフのようなプロスポーツの賞金と定義します。だとすると、ゲームの場合は特定のタイトルの一時的な宣伝費の感じがしません?

 

全くしない。
平林は、LoLやDota2の賞金がどの様に賄われているかを調べるべき。

eスポーツへの持論が破綻していて、Nintendo Switch提灯記事にしか映らない。
インサイドは記事のタイトルに「PR」を付けておくように。

「eスポーツで商売する奴らはゲーマーを食い物にしている」という妄想の気持ち悪さ

 

b.hatena.ne.jp

id:m_shinzaki ゲームやゲームにはまる人を見下してる人たちが、商売の為にeスポーツという言葉を使っているとこうなる、という印象

スターを付けた連中の一覧。

id:Horiuchi_H id:hamhei id:tomoya_edw id:kotobukitaisha id:yife id:drunkghost id:kirte id:p_inter id:dofore id:take-it id:hosiken id:berusaga11 id:enkunkun id:Cujo id:yogasa id:shiju_kago id:danseikinametaro id:tanaka6119 id:HMT_EG id:danseikinametaro id:anklelab id:khtokage id:nemuiumen id:asahiko  id:innoshimniac id:wa_oga id:ohsawayakan id:ktra


このコメントがブックマーク一覧のトップに出ていて「うわぁ」と思った。

不倒城の主が外しまくった見解を述べている事への「うわぁ」と、ゲーマーの被害者意識に同調する奴の多さへの「うわぁ」だ。

対戦ゲームに没頭する人間を見下しているなら、どぐら(GUILTY GEARの選手)をアメリカの大会へ派遣する為に、渡航費用や宿泊費を負担しないと思うが?
西村康稔議員(JeSPA会長)は「積極的に海外へ選手を派遣したい」と言い、JeSPAは会費制の仕組みを作り、実際に選手の交通費を賄った。
軽蔑の対象をサポートするか? 大した見返りがある訳でもなし。

そもそもJeSPAは、eスポーツに群がる新興勢力などではない。
2007年から「ゲーマーへの負のイメージを払拭したい」とeスポーツ協会設立準備委員会を立ち上げ、韓国の大会(例えばIEF2009)を告知したり電通と組んだり、地道にやってきた訳。
「近頃eスポーツってのが流行ってるからプレイヤー集めて興行するか」というノリでは断じてない。
運営は外注せず自前のスタッフでやっているとのことだから、純粋にノウハウが無いんだろう。

仮にJeSPAの人間がコンピュータゲームを見下しているとして。
eスポーツのeの字も出ない時期から、10年近く普及活動しようとする原動力が謎だ。
しんざき(id:m_shinzaki)は「商売になるから」と見立てているらしいが、JeSPAを糾弾する記事を挙げた本人(なぞべーむ)によれば

なぞべーむ:格ゲーマーの方々も話題にしますけど、「eスポーツで儲けるぞ勢が居る」っていう都市伝説あるじゃないですか
サタ:これウチの業界多いですよ
なぞべーむ:この都市伝説信じてる人、頭がおかしい
サタ:分かりますよ、参加費から考えてみろっていう話ですからね、スポンサーとかね
なぞべーむ:そんなに稼げるならあんなショボい配信しないでしょ、あんなショボいサイト作らないでしょ

www.twitch.tv


だそうだ。
どうしたら、eスポーツという言葉を使って商売に出来るのか教えて欲しい。

都市伝説を吹聴している間抜けの代表がこれ。
eスポーツを手掛ける団体に敵愾心を抱く連中が居て、見るに堪えない。


いい加減、何でもかんでも「ゲーマーかわいそう」論に持って行って嘆くの辞めたら?

 





ついでに、こちらをJeSPAの関係者呼ばわりしている阿呆共。
炎上にかこつけて見当外れな事を書いているお前を叩いているのであって、団体を擁護している訳ではない。
JeSPAの運営に改善点が山積みなのは明らかで、配信ではOverwatchの試合開始直後に音声が無かったり、「ただいま試合の準備中です」という画面を眺める時間が多過ぎたり、様々だ。
自分への批判を「社員の火消し」として受け流す癖も辞めたら?

eスポーツに文句を言い、任天堂の製品に逃げる「オタク回路」

fancifulbox.blog24.fc2.com

>個人的には昔からeSportsに対して、ゲームはスポーツだ!
>なんていう連中を胡散臭いとしか思ってなかったので、あんまり係わり合いにはなりたくないところです。

時代も知恵も遅れている感想だ。
北米や韓国のeスポーツ市場が甚大になっているから、日本も無視出来ない状況なのを知らないのか?
サイバーエージェントを筆頭に、スマホアプリのメーカーでさえ参入し始めている。

そういう時代を見越して、JeSPAは海外の大会に選手を派遣して来た実績がある。
何の下調べもせず「爆死」など書くお前こそクズだ。


>e-sports自体が人気ゲームにタダ乗りしてるだけだろ感がありますからね......。

阿呆?
競技性が高く、人口の多いタイトルがe-sportsなのだから、当たり前だ。
海外の肉体スポーツを輸入するなら、競技人口の多いテニス、ゴルフ、バスケ辺りをプッシュするのは自然な流れ。

>胡散臭くてもとてもとてもw

ここのブログは筆者が無知だから、得意ジャンル以外は全て胡散臭く見えてしまう。

 

fancifulbox.blog24.fc2.com

 

未熟児向けの任天堂製品にはしゃぐ図。

格ゲーやeスポーツを敵視する人間の傾向でもある。
この手の人間は「誰もが勝者になれるゲーム」が好きだから、競争を基本とするPCゲームを受け入れられない。